❂𖥧イトオテルミー温熱刺激療法𖥧❂

f17.png

ご希望の方には温熱刺激療法をお試しいただけます。

itologo_edited.png

*イトオテルミーの治療とは

厳選した数種類の薬草(漢方)を線香状にしたものを点火、熱源とし、その生薬成分と熱を肌にあて、熱刺激と圧刺激で身体を温めマッサージする東洋医学です。

西洋医学と東洋医学を学び、20年に渡る研究によって完成された理論的根拠を持つ療法です。

現在では、病院や施設、リハビリ等にも活用され、医療現場で効果を上げています。また、副作用がないため、妊婦さん、赤ちゃん、お年寄りにも安心してご愛用頂いています。

*由来

イトオテルミー療法は、医学博士:伊藤金逸氏によって20数年に及ぶ長い研究からうまれ、1929年(昭和4年)に発明された療法です。「イトオ」は、発明者の姓をとり、「テルミー」は、ギリシャ語を語源とした”温熱療法”を意味します。

*効能・効果

・全身症状………………発熱、微熱の継続、不眠、疲労、むくみ、冷え、二日酔い

・頭/顔の症状…………頭痛、目の疲れ、鼻がつまる

・胃腸の症状……………胃のもたれ、便秘、下痢

・首/肩/腰の症状……肩のこり、腰痛

・手/足の症状…………肘の痛み、手首の痛み、膝の痛み

・皮膚の症状……………皮膚のかゆみ、吹き出もの

・心が関係する症状……イライラする、食欲不振

・外傷……………………すり傷、切り傷

*特徴

テルミーのぬくもりは、優しくおだやかです。

こどもからお年寄りまで、施術ができます。

副作用がなく、医薬品との併用も差し支えありません。

unnamed.jpg
t.png
remedy_product_img10.png
remedy_product_img12.png

*治療器

・金属性の器具で基本的に2本1対で使用します。この器具で直接皮膚に摩擦してゆきます。

※医療器具として認可されています。

​・もぐさやスギの葉の粉など数種類の植物と生薬成分が含まれたテルミー線(棒状のお線香のようなもの)が熱源です。からだの深いところまで温熱作用を働かせ、止血・鎮痛・鎮静・強壮・利尿などの薬理作用をもっています。テルミー線に火をつけ、施術していきます。

*施術方法

器具先端を常に皮膚に接触させて動かしたり、皮膚の一点に垂直に押しあて圧迫し、熱刺激と圧刺激を同時に行う施術です。